『コウノドリ』と『みんパピ』がコラボ

4月9日は、語呂合わせで「子宮の日」、子宮の疾患として多い「子宮頸がん予防の日」。その日に向けて、妊娠・出産の現状を優しく鋭く伝え続けてきた鈴ノ木ユウさんの『コウノドリ』と、医師たちがボランティアで子宮頸がんの正しい情報とその予防法を伝えている『みんパピ』のコラボ企画が実現することになった。

子宮頸がんは、HPV(ヒトパピロマーウイルス)が主な原因の感染症で、年間約3,000人の方が子宮頸がんで亡くなっており、1日に換算すると毎日8人もの人が命を落としていることになる。20代、30代で罹患する方もいて、妊娠中の検査で発覚するケースもあり、そんなときは、出産を諦めるなど厳しい選択を迫られるケースもあるという。

そんな子宮頸がんに罹患した妊婦さんの厳しい現状を描いたのが、鈴ノ木ユウさんの漫画『コウノドリ』の「子宮頸がん」のエピソード(13巻40話・14巻41話)だ。綾野剛さん主演で、星野源さんなど出演のドラマでも描かれ、放映当時大きな話題にもなった。子宮頸がんの現実を厳しくも丁寧に描き、HPVワクチンの必要性についても触れ、医療従事者の間でも、「多くの人に読んでほしい」という声が高いエピソードでもある。

(C)鈴ノ木ユウ/講談社『コウノドリ』13巻より
-AD-

今回、『みんパピ』と鈴ノ木ユウさんとタッグを組み、「子宮の日」に広く現実を伝えるプロジェクトを行うのだ。
その企画の一環として、『コウノドリ』×『みんパピ』企画で、4月2日から4月22日までの3週間限定で、なんと218ページを無料試し読みできることに! これに合わせて4月9日から約1週間、渋谷となんばの町をジャック、オーロラビジョンで『コウノドリ』の漫画を用いたデジタル広告が流れるという。さらに渋谷の街を「コウノドリ トラック」が走るという噂も……。『みんパピ』メンバーには『コウノドリ』の今橋先生のモデルとなった新生児小児科医の今西洋介さんがおり、その絶対的信頼感から実現したことと言えるだろう。

さらに今回の「『コウノドリ』×『みんパピ』企画」には、医療従事者だけでなく、ひろゆき氏も参加。ひろゆき氏は、以前より『コウノドリ』のファンで、子宮頸がんを理解するためにもこのマンガの力は大きい感じていたという。

ということで、『コウノドリ』×『みんパピ』と「子宮頸がん」のエピソードへの想いを、ひろゆき氏、『みんパピ』メンバーで『コウノドリ』の主要な登場人物の新生児科部長の今橋貴之 (ドラマでは大森南朋さんが演じた)のモデルになった今西洋介医師、また原作者の鈴ノ木ユウさんの3名のお話をご紹介したい。

◆ひろゆき氏
「難しいことを難しく伝える人が多い昨今ですが、『コウノドリ』は難しいことをわかりやすく理解できる漫画なのでお勧めなのですが、お金払えないよ…という人も多いと思うので、3週間の無料期間中にどうぞ!暇つぶしネタとして、友達のLINEグループとかに送っても喜ばれると思いますです」

◆今西洋介医師
「コウノドリが連載始まったのが2013年、終わったのが2020年。連載終了し2年も経つのに、未だ多くの人の心を打っています。コウノドリの連載が終わってから現実の世界は大きく変わりました。

医療現場だけでなく日常生活にも新型コロナウイルス流行の影響となりましたが、それでも妊婦さんは出産を頑張って、新しい命は生まれてきています。コウノドリが描いてくれた、周産期医療の世界は今も続いています。周産期医療だけでなく、HPVワクチンの世界も昨年大きく動きがありました。

この日々変わる情勢に、変わらないコウノドリの子宮頸がん編が今でも多くの心に響くのはワクチン接種率がまだ十分上がっておらず、子宮頸がんで命を落とす人がいるからでしょう。この話が『過去にあった』悲しいストーリーだったねとなるほど、早く現実が変わってくれる事を望みます」

◆鈴ノ木ユウさん
「僕らは忙しい。日々、時間や仕事、社会生活に追われ、ついつい忘れたり、見落としたり、わかっちゃいるけど先伸ばしにしてしまうことばかりです。一番大切なはずの自分自身や家族の健康、身体のことですらそうなりがちです。
今回の『みんパピ!』×『コウノドリ』の取り組みが僕らの忙しい足を少しだけ休ませて、HPVワクチンのこと、子宮頚がんのことを家族や愛する人と一緒に話し合ったり考えたり、行動するきっかけになってくれたらと願っています」

子宮頸がんやHPVワクチンに関する情報は『みんパピ』のサイトでご確認いただきたい。

みんパピ! 公式HP https://minpapi.jp/
みんパピ!公式ツイッター @minpapiHPV
 

そして最後にビッグニュースが!「モーニング」誌上にて、『コウノドリ』の新型コロナウイルス編、連載開始!。コロナ禍で、妊娠・出産の現場も大きく混乱する中、「ここにサクラ先生がいたら……」と思った人は少なくないのではないだろうか。詳細は是非「モーニング」HPにてご確認いただきたい。

モーニング公式HP http://morning.moae.jp/
『コウノドリ』公式Twitter @Kounodori_mor