海を見にいった親友が、戻らなくなってしまった――大学生のとき、親友のすみれを失った主人公の真奈。すみれの元の恋人や母親との交流も含め、友情とは何か、喪失のその先はなにかを考えさせる映画が『やがて海へと届く』だ。この作品で真奈を演じた岸井ゆきのさんと、すみれを演じた浜辺美波さんの対談前編では、それぞれの親友のことや、失いたくない友人のこと、さらにお互いの芝居の中で生まれた感情について話し、大いに盛り上がった。後編では、映画のもうひとつのテーマである「喪失」について、身近な経験から、映画に託されたメッセージまで、それぞれの思いを聞いた。

撮影/山本倫子
岸井ゆきの
1992年2月11日生まれ。神奈川県出身。2009年デビュー。17年映画「おじいちゃん、死んじゃったって。」で映画初主演を務め、第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、19年の「愛がなんだ」では、第11回TAMA映画祭最優秀新進女優賞並びに第43回日本アカデミー賞新人賞をそれぞれ受賞する。近年の主な出演作に、映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」、ドラマ「恋せぬふたり」などがある。
浜辺美波
2000年8月29日生まれ。石川県出身。2011年、第7回「東宝シンデレラ」オーディションニュージェネレーション賞を受賞。同年「浜辺美波〜アリと恋文〜」で映画主演を飾る。17年映画「君の膵臓をたべたい」で第41回日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ数々の賞を受賞。近年の主な主演作に、21年の「映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」、先日、好評のうちに終了したドラマ「ドクターホワイト」などがある。
-AD-

担当マネージャーの突然の他界

――お二人はこれまで、大切な何かを失った経験はありますか?

浜辺 私は、今から4年前に、私を担当してくださっていたマネージャーさんが、急に他界されてしまったことがあります。その日は一緒にご挨拶回りをしていて、その後一件番組収録をして、いつも通りに別れたんです。次の日、事務所の人が、そのマネージャーさんと連絡が取れないということで、自宅を訪問したら、亡くなっていたそうです。私は祖父母も元気なので、身の回りで最初に亡くなったのが、その方でした。そのときはものすごく驚きました。

岸井 知らなかった。そのマネージャーさんはご病気だったの?

浜辺 すごく恰幅のいい方ではありましたが、特にご病気だったとは聞いていませんでした。ただ、ちょうどご挨拶でいろんな会社を回っているときでもあったので、無意識のうちに、会うべき人に会っていたのかなって。後でそんな話にもなりました。今でいう“終活”のように、自ら意識的に死を迎える準備をしている人も大勢いらっしゃいますけど、すみれも、真奈の前からいなくなる前に、いろんなものを捨てていた。でも、そういう微妙な変化に、周りはなかなか気づけないんです。

撮影/山本倫子