2022.04.06

「30代商社マン」が3500万円で郊外戸建てを購入…都内マンションしか知らない夫婦を襲った「災難」

集合住宅であっても戸建てであっても近隣住民とのトラブルは、日々の生活に支障をきたすストレスの原因となり得る。新生活への期待に胸を膨らませて転居したものの、「こんなはずじゃなかった…」と、隣人トラブルや新居の思わぬ落とし穴に頭を悩ます人も少なくないだろう。

不動産業界に30年近く身を置く筆者のもとには、不動産にまつわる様々な相談が寄せられる。転居を考えるときには、これから述べるトラブル例を参考にしてほしい。

“初”戸建ての夫婦が陥った住民トラブル

photo by iStock

都内某商社に勤める30代の会社員Aさんは、半年前に会社の同僚と結婚し、二人で都内のマンション暮らし。将来は3人子供が欲しいという妻の希望もあり、子供と住むには今のマンションでは手狭だ。

広いマンションに引っ越すか、それとも戸建てに住むか…。仕事は順調で金銭的にローンを組む余裕はあるし、それなら思い切って「戸建てに住もう!」ということになり、東京郊外に3500万円3LDKの戸建てを購入。しかし、都内マンションしか知らないAさん夫婦に思わぬ落とし穴が待ち受けていた。

 

「夫婦共に東京育ちで、実家もそれぞれマンションでした。ずっと“一国一城の主“へのあこがれはあったので、ようやく夢のマイホーム生活だ!と期待していたのですが…。マンションと戸建てでこんなにも違うなんて知りませんでした。住む前によく調べておけば…」(Aさん)

Aさん夫婦にどんな災難が訪れたのか。3つの事例を紹介していこう。

SPONSORED