衰退の一途をたどる日本の「深刻な階級社会」を変えることができるか

冷笑する男性、値踏みされない男性…

燕は戻ってこない』著者の桐野夏生さんへのインタビュー後編。前編「29歳困窮女性の代理母出産を描いて見えた『日本の貧困、本当の実態』」に続いて、後編では男性優位の生殖医療の実態、あちこちにはびこる男系幻想、なかなか変わらない社会構造を乗り越える術などについて縦横に語る。

(聞き手:武田砂鉄、撮影:三浦咲恵)

男性優位の生殖医療の実態

――先日、妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる新型出生前診断について、35歳以上に限ってきた検査を35歳未満にも認める指針を明らかになりました。これまで、検査で異常が見つかると9割以上が中絶したというデータがあります。慎重に議論しなければ、優生思想につながる動きが広がっていきそうです。

桐野 広がっていくと思いますね。産まれる前に、あらゆる可能性が排除されるかもしれません。ところで、「卵子の劣化」とは言いますが、「精子の劣化」とは言いませんよね。ちょっと偏りすぎではないかとしばしば思います。

 

――テレビに出ている50代の独身男性芸人が、「オレも早く結婚して子どもが欲しい」などと言う場面を見かけました。そこで想定している相手は、自分よりかなり若い女性ですよね。

桐野 若い女性との結婚を「でかした」という感じで称えているわけですね。女性に「男性は40歳を過ぎたら精子が劣化する」と教え込むと、みんな年上を選ばなくなると思いますよ。どう考えてもおかしいでしょう。男性にも不妊があります、卵子の劣化を言うなら精子の劣化も言わなければいけない。今の生殖医療は男性優位です。生殖医療についての教え込み方そのものが、男系幻想に基づいています。

だからこそ教育が期待されるわけですが、ドイツで子どもを育てたシングルマザーが、中学生の子どもを九州の学校に入れようと思ったものの、その様子を見に行ったら、「軍隊のようだったのでやめた」という話を聞きました。管理されてしまっているので、結局、東京に戻ってきたと。

関連記事