2022.04.04
# 生命保険

「とある終身保険」に加入して教育費を積み立てようとした、40代夫婦の大誤算

保険料の支払いだけで月に5万円

少子化に伴い教育費が年々増加傾向にあるなかで、「もっともお金がかかる大学入学に向けてお金を貯めていこう!」と考える人は多い。この考え方自体は間違ってはいないが、教育費の貯え方を間違えると、必要な時期に必要なお金が手許にないという悲惨な事態に陥ってしまう。今回の記事では、「ある誤算」で資金計画が大きく崩れた40代夫婦の事例を紹介する。

教育資金はバッチリだと思っていた

若林恭子さん(仮名・40歳)は、都内在住で長女のまどかちゃん(12歳)と次女のさくらちゃん(10歳)のふたりの子どもをもつパートタイマーの主婦だ。もともとは金融系大手企業のグループ会社で、営業職として勤務していた。

安定した収入を得ていたが、長女を妊娠してつわりが酷かったことをきっかけに退職。2年後には次女が生まれ、彼女が4歳になって幼稚園に入園したころから、パートタイマーとして社会復帰している。

Photo by iStock
 

夫の大輔さん(仮名・43歳)は都内のIT系中小企業に勤務するSEだ。家事や育児に協力的な「イクメン」で、家庭を大切にするタイプ。育児の方針については恭子さんの意思を尊重し、良き理解者としてサポートしているという。

恭子さんの育児は、「子どもがやりたいと言ったことは積極的に賛同し、可能な限り経験させたい」という方針だ。これまでピアノやプログラミングなどの習い事をさせていたが、そうした教育関連費用は大輔さんの収入と恭子さんのパート収入から捻出していた。

同時に、大学に向けての教育費も、「低解約返戻金型終身保険」に加入して問題なく準備できているつもりだった。

SPONSORED