2022.03.26
# サッカー

快勝した森保ジャパン、W杯で「ドーハの歓喜」が期待できるワケ

あきらめず、しぶとく、しつこく

アウェーでの戦いに臨んだ森保ジャパン

最初は危なっかしく見えた。

サッカー日本代表は3月24日、カタールワールドカップ出場に王手を掛けてアウェー、オーストラリア代表戦に臨んだ。残り2試合でオーストラリアとの勝ち点差は「3」。勝てば出場が決まるものの、負ければ得失点差で2位と3位の順位がひっくり返るためプレーオフに回るのが濃厚という状況であった。

引き分けでOKながら前半から果敢にゴールに迫っていくプランは意外だった。欠場の大迫勇也に代わってトップに入った浅野拓磨が裏を狙い、4試合連続ゴール中の伊東純也が仕掛け、10番・南野拓実がシュートを浴びせていった。

森保ジャパンの10番・南野拓実[Photo by gettyimages]
 

殴り合いになるなら、勝つしかないオーストラリアにとっては望むところ。トム・ロギッチ、アーロン・ムーイ、ジャクソン・アーバインら主軸がケガや新型コロナウイルスで欠くとはいえ、B組最多の15得点を誇る攻撃力の高い相手である。日本がスピーディーに攻め立てる分、ボールを失ったら当然ピンチに陥る。決定的なシーンをつくる一方で、肝を冷やしたシーンもあった。

後半こそリズムを落ち着かせたが、そもそも引き分けでいいなんて選手たちは思っていなかった。

オーストラリアは終盤に落ちてくる。その情報の共有から、ゴールをあきらめてはいなかった。

関連記事