2022.03.23
# マンガ # 相続

【マンガ】父の遺産は1円たりとも渡さない…「もくろみ」が外れたごくつぶし三姉妹の執念と末路

昨今、相続に注目が高まるなか、青年漫画誌「イブニング」にて連載中のマンガ「相続探偵」(原作:西荻弓絵、漫画:幾田羊)が大きな話題を集めているのをご存知だろうか。

人の数だけ相続があり、相続の数だけ事件がある…高齢化社会となった日本は、まさに大“争族”時代。本作では、相続にまつわるトラブル専門の探偵・灰江(はいえ)が難解な問題に挑んでいく――。

「相続探偵」(原作:西荻弓絵 漫画:幾多羊)

記事前編では、大御所ミステリー作家・今畠氏の遺産を巡る相続トラブルを取り上げた。彼の三人の娘たちは父からの「相続」を大いにアテにしていたが、故人が生前残した「遺言ビデオ」には、「財産のすべてを儂の老後の面倒をすべて見ていた秘書の桜庭真一氏に相続させる」というメッセージが吹き込まれていた。一体どういうことだろうかーー。

遺言ビデオに込められた真意

「相続探偵」(講談社)
 
原作:西荻弓絵(にしおぎゆみえ)『ケイゾク』『SPEC』『民王』『妖怪シェアハウス』など、数々の大ヒットドラマの脚本を手がける。漫画原作は『天を射る』(小学館)に続き今回が2作目
漫画:幾田羊(いくたよう)イブニング新人賞準大賞を受賞後、短期連載『四月一日のエマ』(原作:リチャード・ウー)、読み切り『喫茶ホームズ』などを掲載。本作で連載デビュー

関連記事