何事もネットを調べればすぐに答えを得られるし、直接な人間関係よりSNS上でのつながりのほうが増えてきた。そんなネット空間の世界が広がっている昨今、私たちの悩みの質も、これまでとは根本的に変わってきている……、そんな印象を抱いている人も多いのではないだろうか。悩みの質が変わってきているなら、それに対処する方法も変わる必要がある。しかし私たちは相変わらず、昔ながらのゼロか百かの答えを求め続けている気がする。

このたび、そんな時代のカウンセリングについて綴った本『なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない』を出版した臨床心理士の東畑開人さんに、SNSとコロナ時代の悩みの向き合い方、そして自分と大切な人たちの心を守る方法を教えてもらった。3回に渡ってお届けするこのシリーズ。第3回は、大切な人の悩みへの向き合い方について詳しく伺った。

-AD-

誰かに聞いてもらうことで余裕づくりを

――今は一人で小舟に乗り、全て自分で管理し対処しているような時代。それゆえ他人を当てにすることも必要だと前回のお話で伺いましたが、逆に人から頼られたとき気を付けることってありますでしょうか? やっぱり愚痴や悩みを延々聞かされたりすると、こっちまでオチてくることもありますから……。

撮影:FRaU編集部

東畑 人間の根本としては、誰かの役に立てることは嬉しいものなんですけどね。頼られると元気が出るものです。とはいえ、度を超すと、確かに重たくなってくることはある。そういうときは、誰かに相談するといいです。相談されるのがつらくなったことについて、別の人に相談する。

――自分の中に溜めずに外に出す、ということですね。

東畑 子育ての悩みを相談しに行ったとき、「子供さんの話をもっと聞いてあげてください」と言われることがあります。でも、親御さん自身に聞く余裕がなくなっているから相談しに行っているわけですから、そう言われても責められているようにしか感じられません。ですから、必要なのは子育ての悩みを聞いてもらうことなんですね。聞いてもらえると、次は子どもの話を聞けるかもしれない。

自分一人で背負いきれなくなったモヤモヤは誰かに渡す。モヤモヤをパスする、という感じでしょうか。そしてモヤモヤを受け取った人も、受け止めきれなくなればまた他の人にパスする。そうやってモヤモヤがぐるぐる回っていくのが、社会というものではないでしょうか。