プーチン率いる「マフィア国家」の求心力は、イデオロギーではなくすべて「カネ」にある

なぜ米英は“見誤った”か

ウクライナ侵攻を予言していた

英王立防衛安全保障研究所(Royal United Services Institute for Defence and Security Studies。通称「RUSI」)というシンクタンクをご存じだろうか――。

何と190年前の1831年に創設された世界最古のシンクタンクである。RUSI本部は首都ロンドンの官庁街ウエストミンスター地区ホワイトホールにあるが、ジョン・ル・カレの一連のスパイ小説でおなじみの首相官邸(ダウニング街10番地)の斜向かいである。

日本での知名度で言えば、英国のシンクタンクは英王立国際問題研究所(Royal Institute of International Affairs。通称「チャタム・ハウス」)が断トツである。しかし、2月24日のロシアによるウクライナ侵攻開始後、RUSI関係者のコメントが日本でも紹介されるようになった。

〔PHOTO〕Gettyimages

読売新聞(2月26日付朝刊)は、同紙ロンドン特派員のRUSIリサーチアナリスト、ニック・レイノルズ氏インタビュー記事を掲載している。さらに英BBC(英国放送協会)は3月9日配信(日本語版)でジョナサン・ビール防衛担当編集委員の記事中にRUSIリサーチフェロー(空軍力担当)、ジャスティン・ブロンク氏のコメントを引用していた。

 

では、なぜ本稿でRUSIを取り上げるのか。もちろん、理由がある。ウラジーミル・プーチン露大統領のウクライナ軍事侵攻決断を、実は昨年12月下旬に予測していたロシア問題専門家が世界で唯一人いたのだ。それは、RUSIのシニア・リサーチフェロー、国際部長、そして「RUSI Newsbrief」編集長のジョナサン・アイル氏(Dr Jonathan Eyal)である。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事