2022.03.23

投資の神様・バフェットからの警告…「株主への手紙」に書かれた衝撃の中身

手元の「現金」を増やしている理由

「興奮させるものがほとんどない」

毎年、世界中の金融関係者や個人投資家たちが心待ちにして読む文書がある。「投資の神」ウォーレン・バフェット氏(91歳)の手紙だ。2月末に氏の会社バークシャー・ハサウェイの株主に宛てられるもので、投資のための知恵が詰まっている。

「今年の手紙は比較的短いものだった」と語るのは、バフェット氏に関する著書もあるジャーナリストの桑原晃弥氏。だが、短いなりに注目すべき点があった。バークシャーが保有する現金が、1440億ドル(約17兆円)とふくれ上がっているのだ。

「バフェット氏は過去にも市場が混乱していた時期に大きな現金を保有していた。例えば、'01年のITバブルの崩壊時も、多くの現金で一気に勝負をしかけた。氏の金言に、『危機に際して現金に勇気が加わると、その先は計り知れない』というものがあります」(桑原氏)

Photo by gettyimgesPhoto by gettyimges
 

目下、ウクライナの紛争、それに伴う原油高などで市場は混乱中だが、さらなるバブル崩壊もありうる。積み上がった現金は、伝説の投資家からの「警告」とも読める。

SPONSORED