主にインスタグラムで「結局怖いのは人間だよね」というテーマで実話をもとにした漫画を描き、56万人のフォロワーがいる、ちなきちさんの人気作『僕と帰ってこない妻』。主人公は妻と子を持つ、ごく普通の会社員・倉田和樹。周りからはイクメンでよくできた夫だと評価されていますが、妻の雪穂が家出し帰ってきません。なぜ2人はすれ違ってしまったのか。夫婦関係が変化した、妊娠初期のことを和樹は振り返ります。前編【妊娠中の妻が「だらしない」と不満を持つ夫が、他の妊婦さんと話して固まったワケ】から続く、後編記事です。

妊婦が大変なのは「これから」?

妻の妊娠、そして退職をきっかけに大黒柱として会社での評価を得ようと奮闘し始める夫の和樹。嫌いだった上司にも媚びへつらうことで会社での評判を上げていきます。一方で、雪穂はつわりが落ち着いたにも関わらず、ろくに家事もせず寝てばかり。

仕事で疲れて帰ってきた和樹のご飯も、用意できないことが増えてきました。その日も和樹が帰宅すると雪穂は寝ていて、ご飯も炊けていない状況。「俺は外で頑張っているのに…!」「仕事と家事だったら、家事の方が圧倒的にラクじゃないか」と、雪穂の調子が以前とは違うことに気が付かず、イライラは募ります。

漫画/ちなきち
-AD-

妊娠中だから仕方がない、そんな風に自分に言い聞かせて我慢をしていましが、ある日、久しぶりに同期の花田さんと再会。すると、花田さんもまた妊娠中で、しかも雪穂と同じ7か月だということが分かりました。

花田さんは「大変なのは『これから』」と語り、その言葉に和樹は固まります。インスタグラムには、この和樹の様子に「まさか自分の妻とこの女性を比べるわけじゃないよね?」と心配するコメントが殺到しました。妊娠中の症状は人それぞれ。同じ女性でも異なります。比較することは絶対にしてはいけないのです。けれど、和樹の様子からすると……不穏な空気を感じた方が多かったようです。

和樹は花田さんの言葉に何を思うのか…。

それでは続きをご覧ください。

漫画/ちなきち