2022.03.20

「珍しい自販機ランキング」ベスト10を大公開! 日本全国から自販機マニアが厳選

意外すぎる商品が売られていた

自動販売機は私たちの生活にとって身近な存在。特に日本は人口比での自販機の普及率が世界一と言われており、世界有数の“自販機大国”となっている。

「そんな自販機大国の日本には、他国では見られないような“驚きの珍自販機“がたくさんある」、そう語ってくれたのは全国にある自販機を渡り歩き、その魅力を発信し続けている野村誠氏。彼は自販機情報サイト「山田屋」を運営している、生粋の“自販機マニア”だ。

今回はそんな野村氏に、独断で珍自販機10種類を選出、ランキング化するとともに、その魅力を存分に語っていただいた。

 

まさか、自販機から金貨が…

【第10位】九谷焼ガッチャンの自販機

【第10位】九谷焼ガッチャンの自販機(野村誠氏撮影)

まず野村氏が第10位に選出したのは、JR東京駅の八重洲地下街外堀地下1番通りにある「九谷焼ガッチャン」の自販機。

「これは石川県の伝統工芸品である九谷焼をPRするために設置された自販機で、出てくる商品はすべて職人による手作りです。

自販機の上半分には(九谷焼ではない)ユニークなミニチュアやキーホルダーが並んでいるのですが、下半分が九谷焼の小さなオブジェのコーナーになっており、なんとそのほとんどが1000円。

買うまでどの絵柄が出るかわからないガチャポン形式をとっているものの、一つひとつ高級感漂う専用の箱に入れられているので、どれが出ても高い満足感が得られるでしょう」(野村氏、以下同)

【第9位】金貨・銀貨の自販機

【第9位】金貨・銀貨の自販機(野村誠氏撮影)

続く第9位に挙がったのは、東京都中央区の茅場町タワーにあるお店「金銀の貯金箱」の店内に設置されている金貨・銀貨の自販機だ。

「なんとこの自販機、日本とドバイにしかないというレアもの。しかも自販機自体も1台約700万円とかなり高額だそうで、とても貴重な自販機なんです。

お店の方いわく、自販機の表示価格は毎日変えている訳ではないので、購入する日の金相場によっては得にも損にもなるとのこと(笑)。私が行ったときは最高で4万3000円ほどの金塊が売られていましたね。

それゆえ、たいてい自販機はお店の前に置かれていますが、盗難防止のために店内に設置せざるを得ないそうです」

SPONSORED