いまや日本は中国より安い国! アベノミクスの期間に貧しくなった

ビッグマック指数でついに抜かれる

日本は、韓国はおろか、中国やポーランドより物価が安い国になってしまった。アベノミクスの前には、こうしたことはなかった。アベノミクスで円安を進めたためにこうなった。

いまや日本人は、外国で買い物旅行を楽しむことができない。それだけでなく、高いiPhoneや高い原油を買わなければならない。

日本で390円のビッグマックが、中国では442円

英誌『エコノミスト』が作成する「ビッグマック指数」で、日本の地位低下が著しい。

by Gettyimages

昨年11月7日の本欄「これでよいのか安い日本。ビッグマック指数で中国やポーランドの下位」で、「他国のビッグマック指数が6月時点と変らなければ、日本は中国やポーランドに抜かれる」と述べた。

この予想が的中してしまった。

今年2月の数字では、実際に、中国に抜かれてしまった。ポーランドにも抜かれた。いまや日本より下位にあるのは、ペルー、パキスタン、レバノン、ベトナムなどといった国だ。

「ビッグマック指数」とは、「『ビッグマック価格がアメリカと等しくなる為替レート』に比べて、現実の為替レートがどれだけ安くなっているか?」を示すものだ。しかし、これは、分かりにくい。この指数よりも、「ある国のビッグマックが自国通貨建てではいくらか」を見るほうが、直感的に分かりやすい。

 

日本について、2020年2月時点での値を実際に計算して見ると、つぎのようになる。日本は390.2円だが、1位のスイスは804円と、猛烈に高い。3位のアメリカは669.3円で、かなり高い。韓国の439.7円も、日本よりずいぶん高いと感じる。そして、中国が441.7円だ。昨年6月には日本より安かったのだが、ついに日本より高くなってしまった。これが冒頭に述べたことである。

いまや、中国人や韓国人が日本に来ると、「物価が安い国だ」と感じることになる。

関連記事