待ったなしの環境問題に対して、世界はどのように行動しているのでしょうか。海や森の汚染問題、カーボンニュートラル、プラスチック、リデュースとリサイクルなど、様々な問題への国内外の最新の解決策から、未来へのヒントを見つけたいと思います。日本が取り組んでいる環境アクションにはどのようなものがあるのでしょうか。

-AD-

Pirika
ごみ拾いを“見える化”するソーシャルアプリ

アプリのマップ上にはごみ拾いされた場所に清掃済みのマークが出現し、誰が、何分前に、何個のごみを拾ったのかが、タイムラインのように表示される。

世界111ヵ国以上で利用されているごみ拾いSNS「ピリカ」。2011年に京都大学の研究室から生まれたベンチャー企業〈ピリカ〉が、科学技術の力であらゆる環境問題解決を目指すなかでポイ捨てごみ問題を克服することを目指して開発した、“ごみ拾いを可視化する”アプリだ。

日常の中で、楽しくごみ拾いを。

スマートフォン端末にアプリをダウンロード後、アカウントを設定すると、現在地のマップが現れる。

清掃活動の普及啓発を図るため、自治体や企業が「ピリカ」のごみ拾い活動見える化ウェブサービスを導入する動きも加速している。

投稿用のアイコンを押すとカメラ画面になり、ごみ拾いの様子を記録できるほか、ライブラリからのアップロードも可能だ。

「いいね!」に変わる「ありがとう」ボタンで感謝の気持ちを伝えたり、コメントを残したりすることもできる。

コロナ禍により、ごみ拾いイベントなどは中止されたが、ごみを拾う人の数は2倍、拾われたごみの数も2.5倍増えたという。2021年11月までに、累計2億1000万個のごみが拾われた。

www.pirika.org

【東京都ほか】WOSH
水が循環する手洗いスタンド

手洗いをはじめると美しい光のリングが現れ、30秒間カウントしてくれるため、衛生習慣を身につけるのに役立つ。

2014年に設立されたベンチャー企業〈WOTA(ウォータ)〉が開発した「WOSH(ウォッシュ)」は、電源さえあれば、水道のない場所にも設置できる水循環型手洗いスタンド。上下水道につなぐ工事も不要で、電源に繋げて水を入れれば設置完了となる。使用した水の98%以上をその場で再生し、20ℓの水で500回以上もの手洗いが可能。水道がない状況下でも継続的に水を利用できるようになる。

深紫外線(UV-C)によるスマートフォン除菌機能付き。

2つの活性炭と、水分子以外の不純物は透過しない性質を持つ“逆浸透膜”の合計3つのフィルターを組み合わせ、ウイルスや不純物を除去する。さらにAIがセンサーと連動し、水質やシステムを常時監視・制御することで水質を保つ。フィルター交換など簡単なメンテナンスのみで運用できるという。

wota.co.jp/wosh