2022.03.17
# 不倫

【マンガ】旦那の浮気相手と“友達”になった20代妻に、何も知らない「浮気女」が言い放った“驚きの一言”

近年の日本国内の離婚件数をご存知でしょうか。厚生労働省の人口動態統計によると2020年の離婚件数は19万3253組。その前年までは20万を超える年が続いていて、毎年相当数の夫婦が離婚していることになります。離婚の理由は人それぞれだと思いますが、中にはパートナーの浮気など、つらい経験を乗り越えて一歩前に踏み出した、という人もいることでしょう。

漫画『旦那の浮気相手とLINE友達になってみた』の原作者、ハッチさんもその1人。前編でご紹介した通り、ハッチさんの旦那・テツ(当時30歳)のデリバリーアプリの注文履歴をきっかけに浮気が発覚。その相手・パー子(当時24歳)の人物像を調べるためにハッチさんは彼女のマンションから後を追い、通っている料理教室を突き止めます。そしてその教室に運よく潜入できたことで会話をすることに成功したのでした。そしてハッチさんはさらにこの料理教室で“あること”をパー子に提案します。

(※前編:【マンガ】20代妻が絶句…「旦那の浮気相手」と“友達”になってみた「実際の話」

 

浮気相手の正体

ハッチさんは「あの! このあとお茶でもどうですか?」とパー子に話しかけます。するとパー子は「え~行きたい!」と嬉しそうにその誘いに乗ってきたのでした。

関連記事