「大ロシア」の再興を求めて…「プーチンの戦争」には隠れた“本質”がある

なぜ原発や原子力研究所に固執するのか

現在も閉じ込められたまま…

2月24日午前5時(現地時間)頃、ロシア軍が全正面においてウクライナへの軍事侵略を開始するまで、同国には運転中の原子力発電所が4カ所、原子炉が15基あった(1986年に発生した史上最悪のチェルノブイリ原発放射能汚染事故で廃炉となった原子炉4基を除く)。

原子力が発電総量の60%弱という“原子力大国”のウクライナにはロブノ原発(4基)、フメルニツキ原発(2基)、南ウクライナ原発(3基)、ザポリージャ原発(6基)がある。そして原子炉はすべて露ロスアトム製の加圧水型軽水炉(PWR)。

隣国ベラルーシから侵攻したロシア軍は同日午後7時50分、首都キエフ北西のウクライナ北部にあるチェルノブイリ原発及び周辺地域を制圧した。そして現在もロシア支配下にある同原発の保安要員100人と国家親衛隊の警備員200人は閉じ込められたままだ。

photo by gettyimages
 

ロシアが次の標的としたのは南東部にある欧州最大規模のザポリージャ原発である。短距離ミサイルなどを含む総攻撃を受けた4日午前、1基が出力60万キロワットに抑えて運転中だった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事