自宅の鍵がない!

そして終電をとっくに逃していたので、タクシーで自宅へ向かう。
ほどなくしてマンションに着き、オートロックを解除しようとバッグにあるはずの鍵を探した。

……ない。

キーケースごとない。人気が無いのを良いことに、マンションのエントランスで、バッグの中身を全部出して、くまなく探してみたが見当たらない。焼肉店に忘れたかもしれないと電話をかけるも、閉店時刻を過ぎており繋がらなかった。
昔から、旅行中など、気分がハイの時に失くし物をする癖があった。今回もそれを思い出し、嫌な予感がした。

「さんだらぼっち」でバービーさんが入れたボトル。「Day dreamer」と書きたかったようです(笑) 写真提供/つーたん
-AD-

余談だが、韓国旅行でスマホを失くした際は出てくるわけがないと諦めていたのだが、翌朝ホテルのフロントに届けられていたという、強運も兼ね備えている。失くすが、毎回出てくるのだ。

あ……! もしかして、腹巻きの紙袋か……!?

慌てて彼女にLINEを送るが、もう3時を回っているのでやはり既読にならない。電話もかけるが、出ない。寝てしまったのだろうか。しつこく電話するのもなんだか忍びない。

エントランスの掲示板から、警備会社の夜間連絡先をなんとか見つけ出し、連絡したが、最速でも朝10時以降の到着になるとのこと。年末の冬空の下、待てるわけがない。もう既に手が悴んでいる。

諦めてタクシーに乗り直し、この時間でもチェックインできる新宿のカプセルホテルへ向かった。
素早くチェックインを済ませ、歯を磨き、ようやく眠りにつく。まさかクリスマスにカプセルホテルに泊まるなんて思いもしなかった。