2022.03.13
# 企業・経営

米国ビジネススクールのMBA取得者の初任給は年5000万円!

それに比べ専門知識が報われない日本

アメリカでトップクラスのビジネススクールを出ると、初任給の平均が約1700万円だ。ボーナスを加えると2500万円になる。金融の場合には5000万円を超す。ストックオプションを加えれば、もっと増える。

学費も巨額だが、初任給がこのように高いので、1年少々で取り戻すことができる。

ボーナスとストックオプションで 初任給1億円もあり

アメリカの一流ビジネススクールでMBA(ビジネススクールの学位)をとって就職すると、平均して年収15万ドルほどの初任給が期待できる。1ドル=115円で換算すれば、1700万円を超える。驚くべき額だ。

by Gettyimages

しかし、これで驚いてはいけない。もっと調べると、さらに驚くべき数字が現れる。ハーバード大学のビジネススクールのウエブサイトを見ると、確かに15万500ドルと書いてある(2021年卒業組)。

しかし、これは、基本給だけである。この他に、ボーナスが6万7000ドルある。合計すると、21万7500ドルになる。日本円では2500万円だ!

驚きはさらに続く。

スタンフォード大学のビジネススクールを見ると、基本給16万0000ドル、ボーナス7万8000ドルで、合計23万8000ドル(2700万円)と書いてある。その他に、入社時の契約金が3万3000ドルある。

それだけではない。産業別の数字が示されており、もっとも高い「金融」の場合の最高値は、基本給が40万0000ドル(4600万円)にもなるのだ!ボーナスを加えれば、5000万円を超すだろう。

 

驚きは、これで終わらない。

「基本給、ボーナスの他に、ストックオプションがある」と書いてある(額は不明)。業績のよいアメリカ企業の場合、ストックオプションが基本給を上回るのは、ごく普通だ。そうだとすれば、「初任給1億円」というケースがあっても不思議ではない。

ここまでくると、日本とのあまりの違いに、声も出なくなる。

関連記事