2022.03.14

78歳の母親の「介護の準備」に、「貸金庫」がめちゃくちゃ役に立ったワケ…!

まさか、そんな効用があったとは

貸金庫と介護

近年、自然災害が多いため貸金庫が密かなブームだそうだ。災害で家が流され全部がなくなったとしても大事な物が貸金庫に保管してあれば、どんなにか安心だろうとみんな考える。このように、貸金庫の効果はおもに災害や盗難対策にあることはわかるが、意外に知られていないのが「介護」対策への効用だ。

しかし、貸金庫は誰にもなじみがあるという物ではないし、借りるのにも審査がある。初めての人には心理的ハードルがかなり高い。だから今回は貸金庫と介護のことをちょっと詳しく書こうと思う。

〔PHOTO〕iStock
 

佐和子さん(55歳・仮名、以下同)は首都圏に住む女性。お母さんの富美子さん(78歳)は遠距離で一人暮らしをしている。いずれ始まる遠距離介護についてのFP相談だった(FP相談をもとにしてありますが、大幅に内容を変えてあります)。

相談を終えた後の雑談中に「そういえば、母は認知症ではないけれど、年相応に物忘れが増えていつも探し物をしている。この前は大事な書類をなくさないようにと、どこかに隠してわからなくなり、大騒ぎでした」とおっしゃった。

もう一つの困りごとが「他人を家にあげたくない」というかたくなな姿勢だという。ヘルパーさんを頼むといった良い支援策もなかなか受け入れてくれない。どちらも介護の入り口でぶつかる高齢者の「あるある」だ。この2つの困りごとに関して私は「貸金庫」を佐和子さんに勧めた。

そもそも貸金庫って、知っている人にはなんてことはないが、知らない人にとっては、なんだかよくわからないものだろう。今回、このコラムに当たって自分がどれくらい貸金庫を使ったことがあるかを数えたら、ほぼ10回だった。昔、会社で経理をやっていたので、たぶん多いのだろうと思う。

関連記事