2022.03.10

コロナ対策の大物も…オミクロン“重症化”の過酷「勢いはまだ衰えていない」

政府コロナ対策の大物が感染

政府のコロナ対策分科会メンバーで、NHKニュースや民放ワイドショーでもお馴染みの、東邦大学医学部教授・舘田一博氏。日本感染症学会の前理事長で、厚生労働省のアドバイザリーボードも務め、まさに日本のコロナ対策の一翼を担ってきた専門家だ。

ところが2月中旬、政府と霞が関にこんな一報がもたらされ動揺が走った。

「舘田先生がコロナに感染した。しかも、重症化しているらしい」

政府専門家会議や分科会のメンバーが感染するのは、報じられている限りでは初めてのことだ。ある厚労省キャリア官僚が証言する。

Photo by iStockPhoto by iStock
 

「実は舘田先生はもともとアレルギーがあり、ワクチン接種を受けられなかったそうなのです。普段は所属大学の附属病院にも出入りされているので、もしかすると感染者に接することがあったのかもしれません。

都内の大学病院へ入院し、一時は人工呼吸器を装着しなければならないほどの危険な状態だったと聞いています」

関連記事