2022.03.08
# 東大

東大卒たちから絶賛の声続々…! 発売即大重版の『東リベ』公式パロディギャグ『東大リベンジャーズ』話題沸騰のワケ

250万部を超えるヒットとなった、『金田一少年の事件』のスピンオフギャグマンガ『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』の作者・船津紳平さんの最新作『東大リベンジャーズ』の第1巻が2月に発売された。

東京大学に入学するも冴えない人生をおくるダメフリーターの主人公・井上ミチタケが、7年前の大学入学当時にタイムリープし、東京大学の頂点を目指すという『東京卍リベンジャーズ』公式パロディギャグマンガ。

作中では、「受験で5教科7科目勉強したことを誇りに思っている」「出身高校をめっちゃ気にする」など、“東大生あるある”が満載。意外な東大生の生態もわかる(?)東大コメディとなっている。

東大卒の間ですぐさま話題沸騰となり、発売後、すぐに2万部の大重版がかかる人気作となった本作。

いったい、どのようにして作品が生まれたのか? 東大生の意外なコンプレックスとは? <【前編】東大卒が「早稲田や慶應にいっておけば…」と後悔した“意外なワケ”とは【マンガ】>に引き続き、 作者の船津紳平さんに話を訊いた。

©船津紳平/講談社
 

東大のキャンパスへと向かう井の頭線

――連載が始まって、周りの人からの反応はどうでしたか?

船津紳平 僕は早稲田大学出身なんですけど、東大落ちて早稲田に入学した先輩がいて、連載が始まったということでLINEをくれたんです。そしたら、「ごめん。ちょっと読めない」と。

その先輩は、東大に落ちたショックでいまだに井の頭線に乗れないといっていて、それはそれで根深いものがあるなと思いましたね……。

――東大は人生を狂わせますね……。

SPONSORED