「ウクライナ」と「国会」で超過密スケジュール…疲労困憊な岸田総理がついに本気を出してきた!

睡眠3時間余で…

「ウクライナ危機」は首都キエフを巡りロシアとウクライナ両軍の攻防が最終局面に入りつつある。そしてキエフ完全制圧を目指すロシア軍と徹底抗戦のウクライナ軍の戦闘は激烈を極め、無差別攻撃の対象となった民間人を含む死者が激増している。

一方で、第208回通常国会の衆参院各委員会審議は3月4日の衆院内閣委員会が一般質疑、同外務委員会の大臣所信表明に対する質疑と厚生労働委員会の一般質疑を終えるなど、予定調和の如く粛々と進んでいる。

そうした中で、この間の「ウクライナ」と「国会」で超過密な日程をこなしてきた岸田文雄首相はさすがに疲労困憊の様子である。

岸田氏は1日未明の1時30分~3時まで、ジョー・バイデン米大統領が主催したウクライナ情勢に関する主要国・機関首脳との電話会議に参加した(ジョンソン英首相、マクロン仏大統領、ショルツ独首相、ドラギ伊首相、トルドー加首相、EUのフォンデアライエン委員長、NATOのストルテンベルグ事務総長らが出席)。

東京とワシントンは14時間、ロンドンとは9時間の時差がある。従って、呼びかけ人のバイデン氏は2月28日午前11時半、ジョンソン氏が同午後4時半であり、米欧首脳の日程優先でセットされたものだ。

 

首脳会議後、直ちに公邸に戻ったが、睡眠3時間余で同8時20分から官邸で報道各社のインタビューを受けている。その後も官邸で定例閣議から始まり、秋葉剛男国家安全保障局長、森健良外務事務次官と協議、衆院本会議出席後、官邸に戻り萩生田光一経産相、松野博一官房長官らと協議、自民党本部で麻生太郎副総裁、茂木敏充幹事長と会談、再び官邸で山際大志郎経済再生相、甘利明前幹事長と協議、そして夜のマクロン氏との電話会談まで分刻みの強行日程だった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事