明日 わたしは柿の木にのぼる

柿にまつわる古来の知恵に着目し、生き生きと輝く女性をエンパワーメントするデリケートゾーンケアブランド。福島県北部に位置する国見町で栽培された柿の果皮から抽出したうるおい成分に加え、厳選した植物由来成分を配合。身体に優しいシンプルな処方にこだわり、国内工場で製造している。女性特有の悩みに寄り添うべく、専門家や各機関などと協業した社会活動も行っている。

「あんぽ柿を作る過程で捨てられてしまっていた、柿の皮を原料としてアップサイクル。福島の風評被害に喘ぐ農家さんや地元の雇用を活性化し、2020年の『サスティナブルコスメアワード』銀賞にも輝きました。消臭・抗菌という柿のタンニンの効果を利用し、天然の力で経皮吸収率の高いデリケートゾーンにも安心して使えます。一風変わったブランド名からは、女性に自分を愛しんで欲しいという願いを感じて温かな気持ちになります」
ashita-kaki.com

-AD-

BIO HOTEL 八寿恵荘

有機栽培のカモミールから抽出したカミツレエキスの入浴剤「華密恋」を製造している〈カミツレ研究所〉が作った宿。土づくりからこだわった有機認証のカモミール畑と製造工場が位置する長野県北安曇郡池田町にあり、「華密恋の湯」が体感できる宿となっている。日本初の「ビオホテルジャパン認証」を取得し、乳がん患者に配慮したサービスや活動などに取り組む「ピンクリボンのお宿」にも加盟。

「山間の隠れ里のようなかわいい宿。建材から食材、寝具までがオーガニック&カモミール尽くしで、自然と呼吸が深く大きくなります。大浴場のカモミール風呂は、これでもかというほどエキスが入っていて湯上がりでも肌から香るほど。隣接する畑の作物の収穫や薪割りからのかまどご飯作りなど、親子で楽しめる自然体験も。なんといっても6月のカモミール満開時の滞在は一生記憶に残るような絶景です」
yasuesou.com

せとシリーズ しっとり瀬戸内ハーブ・ウォーター

兵庫県姫路市香寺町にある〈香寺ハーブ・ガーデン〉のハーブ抽出技術によって作られた、竹乳酸菌入りの国産天然ハーブの化粧水。広島県竹原市内で切り出した竹を、2日以内に姫路市夢前町にある工場へ搬入してパウダー化。竹に含まれている天然の植物性乳酸菌の力を利用して自然発酵させ、蒸留している。石油系原料、保存料などの添加物や防腐剤は不使用。

「フレッシュで軽やかな国産のレモンマートル水やカミツレ水など、素材の力をダイレクトに感じさせる処方で、男女も昼夜も問わず心地よく使えます。竹害に困っている地域の竹を成分化して配合し、害を益に転換しているところもお見事。環境改善と結びついたサーキュラーエコノミーを実践しており、2020年の『サスティナブルコスメアワード』金賞を獲得。全成分もシンプルで天然の植物原料のみ。まさに社会派コスメの代表」
herb-japan.com


おすすめしてくれたのは……

BENIKO KISHI 岸紅子
自身や家族の闘病経験をもとに、2006年にNPO法人日本ホリスティックビューティ協会(HBA)を設立。多数の美容・健康・医療関係者とともに女性の心と体のセルフケアの普及につとめ、資格検定や人材育成を行う。自らも自然治癒力や免疫力を引き出すためのウェルネス講座を幅広く実施。HBA代表理事のほか、環境省「つなげよう、支えよう森里川海」アンバサダーや、サスティナブルコスメアワード審査員長も務めている。
h-beauty.info