宇宙に生物がいるとしたらどんな形かまじめに考えてみた

地球の生き物と似てる?似てない?

無重力における体の変化

私たちは、地球の重力によって、いつも地面に向かって引っ張られている。それは、今に始まったことではなく、約40億年まえに生命が誕生したときから、ほとんど逃れることのできない条件だった。

しかし、現在のヒト(および実験用のマウスやメダカなど)は、宇宙船の中に長いあいだ滞在することもある。その場合、長期間にわたって重力から解放され、無重力状態で過ごすことになる。その結果、私たちの体にさまざまな変化が起きることがわかってきた。

【写真】無重力の影響は?無重力の影響は? photo by gettyimages

たとえば、心臓は小さくなってしまうようだ。

心臓は、体中に血液を送り届けるためのポンプとして働いている。頭から足元まで、ときには重力に逆らって、血液を送り届けなければならない。そのため、心臓はほとんど筋肉のかたまりで、強力な力を生み出す器官となっている。

ところが、無重力状態になると、重力に逆らって血液を送り届けなくてよいので、それほど大きな力は必要ない。弱い力でも、十分体中に血液を送り届けることができる。そのため、筋肉の層が薄くなり、心臓自体も小さくなってしまうらしい。

また、骨の強度にも影響が現れる。

骨の中には細胞があって、骨をいつも作り直している。そのため、いつも骨には、カルシウムが出たり入ったりしている。重力のある地上では、体重を支えるために骨に大きな力が掛かっているので、骨は強度を保ったまま少しずつ作り直されている。

ところが、無重力状態になると、骨にほとんど力が掛からなくなるので、骨の強度がどんどん下がってしまう。骨からカルシウムが流れ出し、血液から尿を経由して体の外へ捨てられる。そのため、尿中のカルシウムが増えるので、宇宙飛行士は尿道結石になりやすいと言う。

また、無重力状態にしたマウスでは、数百個の遺伝子の発現(DNAからRNAに転写したり、タンパク質に翻訳したりすること)が変化することが報告されている。さらに、ニワトリでは、無重力状態では卵が孵化しないことも報告されている。

関連記事