メイクやファッションの楽しさを知り、その変身の様子をTikTokで発信するようになった。今では、InstagramやYouTubeなどさまざまな媒体を使って、多くのファンを楽しませている。

-AD-

「こんなに綺麗な自分を見てほしいという気持ちで動画を撮ったのが最初。このメイクで発信しはじめたとき、多くの人が素敵だと褒めてくれて、ますます自信が湧いてきました。身近な人たちも驚いてはいたけれど、受け入れてくれました。もしかしたら、時代の流れもあるのかもしれないですね。自分に自信を持てば持つほど、他人の目は気にならなくなってきました」

天使をイメージしたお気に入りの一枚。

Zuttiさんは自分には、特に性別はないと語る。おしゃれをするのは女装ではなく、自分が一番強くいられる“フル装備”なのだと話してくれた。

「おしゃれをすることに性別なんて関係ないと思っています。もともとの外見だって美しくなる妨げにはなりません。似合う、似合わないで自分の着たい服や、したい髪型を制限することもしたくない。似合わせるのは自分。そして美しさは、外見を磨くだけでは表れないもの。内面の余裕は、顔つきにも出るんです。自分を美しいと思っていれば、他人を妬んだりしません。自分は自分が一番美しいと思っているけれど、他人の美しさも尊重します。人それぞれの美しさを認め合っていたら、心にも余裕が出てきて顔つきも柔らかくなってくる。美しさの循環ですね」

ネイルや小物を組み合わせたトータルコーディネートも披露する。

これからも美を追求し、ファンにエールを送り続ける。

「誰だってZuttiみたいに美しくなれるし、自信を持つことだってできる。だけど自分以外の人になることは、絶対にできないんです。『Zuttiになりたい』と言ってくれるファンの人もいるんですが、あなたにはあなたにしか出せない輝きがあると伝えています。みんなが、それぞれの美しさを持っていることを伝えていきたいです」


●情報は、FRaU2022年1月号発売時点のものです。
※本記事で紹介している商品の価格は一部を除き消費税を含んだ金額です。なお一部の商品については税込価格かどうか不明のものもございますのでご了承ください。
Photo:Masanori Kaneshita Text & Edit:Saki Miyahara

「FRaU×SDGsプロジェクト」の
会員になりませんか?【登録受付中】

2030年のゴールに向けて多くの方に「SDGs」を知ってもらい、“ご自身にできることを見つけてほしい”“アクションにつなげてほしい”そんな願いからスタートした「FRaU×SDGsプロジェクト」。

このプロジェクトの会員の皆さまには、SDGsにまつわるさまざまな情報、今後開催予定のイベント告知、FRaU誌面やFRaUwebの企画参加のご案内などをお送りしています。FRaU主催のイベントに優先的にご参加いただくことができたり、サステナブルグッズの会員限定プレゼント企画に応募できたり、さまざまな特典もご用意。(※新型コロナ感染拡大の影響で、現在はオフラインイベントは開催を見合わせておりますが、オンラインイベントを予定しています)

さらにメールマガジン登録された方には、最新トピックス満載のメールマガジンを毎週配信。イベント告知などはイチ早くお届けします。年齢、性別などの条件はなく、登録も無料。ご興味のある方は、会員登録ページよりご登録をお願いします。

SDGs会員について詳しく知りたい方はこちら▼
https://gendai.ismedia.jp/list/special/frau_sdgs