2022.03.06

新庄ビックボスも驚き…? プロ野球、本当にあった「珍キャンプ」エピソード

酒禁止、毎日筆記試験

キャンプは、真剣勝負のシーズン中にはできないユニークな方針や練習を試す絶好の機会だ。その中には効果的なものもあれば、首をかしげたくなるものも。長いキャンプの歴史から、珍場面を振り返る。

筆記試験をやるぞ

プロ野球はオープン戦が開幕し、いよいよ球春は目の前に迫っている。

このキャンプからオープン戦の時期は、開幕前に向けた最後の「調整期間」であり、首脳陣も選手たちも、様々な試みで実力アップを模索する。

今年のキャンプの話題は、ビッグボスこと日本ハムの新庄剛志監督がひとりでさらった感があるが、その新庄の現役時代、キャンプで彼に「元祖二刀流」を試させたのは、当時の阪神監督だった野村克也だった。

「単なる思いつきのように見えたが、実際はセンス先行でなかなか頭を使おうとしない新庄に、少しでも投手の心理を理解させたいという親心があった。結局、新庄は『飽きた』と投げ出してしまうのですが……」(スポーツ紙元記者)

そもそも、野村は新庄と同様、キャンプで話題をさらうようなパフォーマンスに長けた人だった。

ヤクルトの監督に就任した'90年、キャンプの初日に、野村は野球のルールにどれだけ習熟しているかを問う前代未聞の「筆記試験」を開催した。

Photo by gettyimagesPhoto by gettyimages
 

「就任会見から『毎晩研修会をやる』と宣言していましたが、まさか紙と鉛筆でテストするとは誰も思っていなかった。いまから考えると、選手とマスコミにチーム改革を意識させるための演出でした」(元記者)

頭を使って野球をしろ。野村が植え付けたメッセージは、のちに「ID野球」として4度のリーグ優勝に結実したのだった。

SPONSORED