「頭のいい人」とはここが違う…!脳トレをしても「老化が進む人」の残念な習慣

誰でも実践できる方法

最年少で5冠を達成した棋士の藤井聡太。彼の頭脳は、一般人とはまったく違う働きをしていることを前編記事『天才・藤井聡太の「頭脳」はこう働いている…! 最新の研究でわかった「意外なこと」』でお伝えした。そんな天才の脳の動きを真似ることはムリでも、実は、脳の使い方を意識することで、脳を活性化させ若さを保つことができるという。

「少しの工夫」が重要

脳機能の中枢を占める前頭葉は新しいことを経験したり、何かに集中したりすることで刺激され、これによって脳が活性化する。アルツクリニック東京の院長で、認知症が専門の新井平伊氏が解説する。

「脳の神経細胞数は30歳を過ぎた頃から徐々に減少していきます。つまり、新しい刺激がなければ脳は加齢とともにゆっくりと萎縮してしまうのです。

医学の進歩で平均寿命こそ急激に延びましたが、介助を受けることなく自立して生活ができる健康寿命は延び悩んでいます。これは、たとえ身体が元気でも脳の機能が低下したり、認知症を患ってしまうケースが増加しているためです」

Photo by iStockPhoto by iStock
 

新井氏が指摘するように、刺激が与えられなくなった脳の寿命は短くなっていく。これは、65歳以降で顕著になる。

厚労省が公開した統計によると、日本では65歳以上人口のうち約15%が認知症を患っていると言われている。65歳を超えた時に脳がどのような状態かによって、その後の健康寿命に大きく差が出てくるのだ。

「60代、70代の人の脳はそれまでの人生の通知表だと言えます。脳の寿命は個人差が大きいため、取り組みによって差が開いてしまいます。

しかし、70歳を超えたからもう手遅れというわけではありません。人間の脳は、前頭葉を意識して使うことで、何歳になっても若返らせることができます」(脳科学者の茂木健一郎氏)

関連記事