2022.03.04
# 週刊現代

天才・藤井聡太の「頭脳」はこう働いている…! 最新の研究でわかった「意外なこと」

週刊現代 プロフィール

「棋譜だけで思考すると聞くと理解しにくいですが、私たちも似たようなことを行っています。

たとえば日本語を扱っている時です。『たんじかんでのきおくはむずかしい』など意味が通る文字列はすぐに記憶できます。しかし、文字をバラバラにし、日本語の文法に則っていない『んたきじむずおくかでんのしかいは』としたら、10秒間かけても記憶するのは困難でしょう。

つまり、藤井さんは数字で構成される棋譜を、それぞれ意味のある言語のようなものに置き換えていると考えられます。そのため、わざわざ将棋盤を思い浮かべる必要がないのです」

理屈こそ理解できても一般人である私たちには、こうした「天才」の脳の動きを真似することはほとんど不可能だ。

だが、私たちも脳の使い方を意識することで、思いもよらない効果を得られるという。脳を活性化させて若さを保つことで、健康寿命を延ばすことができると考えられているのだ。

 

「指し手について分析した時、アマチュア棋士は前頭葉にある上前頭回という部分が働いていました。前頭葉は主に集中力や思考を司る分野です。また、脳の各所に指令を出す役割があるため、前頭葉を意識して動かすことが脳全体を活性化させることにつながります。

アマチュア棋士は上前頭回で思考することを繰り返します。それにより棋士に特有の回路が生まれ、直感レベルで指し手がひらめくようになると考えられるのです」(中谷氏)

つまり、前頭葉を刺激し、鍛えることは、藤井5冠の「脳の使い方」に近づくことになるのだ。

その具体的方法を後編記事『「頭のいい人」とはここが違う…!脳トレをしても「老化が進む人」の残念な習慣』で明かそう。

『週刊現代』2022年3月5日号より

関連記事