2022.02.25
# ドラマ

金曜ドラマ『妻、小学生になる』に「圧倒的に目が離せない役者」がいる…! その凄みと楽しさ

気になる役者

金曜ドラマ『妻、小学生になる』は不思議なドラマである。

10年前に死んだ妻が、10歳の小学生の姿になって、帰ってきた物語である。

ドラマでは、10歳の小学生ながら「中身は中年の妻」を演じている毎田暖乃に注目が集まっている。

TBS『妻、小学生になる』公式サイトより
 

ただ、私にはもう一人、とても気になる役者がいる。

落語家の柳家喬太郎である。

「寺カフェ」のマスターを演じている。

とても気になる。

柳家喬太郎は、人気の落語家である。落語ファンからの圧倒的な支持を得ている当代屈指の芸人なのだ。

その彼が、怪しげなマスターを演じている。

個人的な感想でいえば、やっとドラマで見たい柳家喬太郎が出てきた、というところなのだ。

「柳家喬太郎の奇妙な落語世界」に出てくる、意味ありげで、でも意味なさげで、ひたすら怪しい人物、それを本人が演じている感じがする。

目が離せない。

「寺カフェ」というのは、寺院のなかに作られているカフェのようである。

どこにあるのかははっきりしないが、主人公の家の近くのようだ。

いかにもマスター然とした風貌で、分け知り顔で客をあしらっている。

そのうえ、インチキな人生相談もしている。

かなりセコいペテン師的な側面がある。

やはりペテン師は芸人がやるにかぎる。

関連記事