2022.03.01
# 野球

日ハム「ビッグボス」新庄の「自由すぎる」練習スタイルに現場が大混乱している…!

「予定がまったく読めない」

シーズン開幕を控え、「ビッグボス」こと日本ハム・新庄剛志監督(50歳)が球界の話題を独占し続けている。

「19日のロッテとの練習試合では、スタメンの打順をガラポンで決定し、ファンを驚かせました。

ただ、話題を提供してくれること自体は嬉しいのですが、困惑している点もあります。それは、新庄監督の予定がまったく読めないことです。球団職員ですら監督の行動を把握できていないことが多々あるようです」(スポーツ紙記者)

新庄監督はキャンプ中、真っ赤なキックボードを使い、練習拠点を移動している。次の予定を把握していないためか広報担当も置いていかれてしまい、キックボードを捜索する光景が度々繰り広げられているという。

Photo by gettyimagesPhoto by gettyimages
 

スタッフが慌てる原因はこれだけではない。前出の記者が続ける。

「阪神の藤川球児スペシャルアシスタントを招聘し、投手の指導を頼んだ際、球団広報からは阪神との契約上『コーチ』という呼称を使わないようお達しがありました。しかし新庄監督は『藤川コーチ』を連発し、広報担当も苦い顔をしていた。

CSで放映されているキャンプ中継においても、突如放送席に乱入して当初の予定にはないコメントを出したりするなど、とにかく自由気ままです」

SPONSORED