「家族と恋とゴハン」。人生の基盤と彩りをテーマに、日常に潜む悲喜こもごもをふりかけたドラマ『おいハンサム!!』(フジテレビ/東海テレビ 土曜23時40分~)。本作は『おいピータン!!』『おいおいピータン!!』『渡る世間はオヤジばかり』ほか、ショートコメディの名手・漫画家の伊藤理佐の原作をリミックスした、令和のホーム&コメディドラマである。

主人公の父親を吉田鋼太郎さん、その妻であり母親をMEGUMIさん、三姉妹を木南晴夏さん、佐久間由衣さん、武田玲奈さんが演じ、その伊藤家を中心に、キャラの立った人物が続々登場する。テンプレではない、魅力的なキャラクターはどのようにキャスティングされたのか。監督・プロデューサー・脚本を務める山口雅俊さんが過去の名作ドラマに遡り、語ってくれた。

吉田鋼太郎さん演じる父・伊藤源太郎、MEGUMIさん演じる母、そして長女の由香(木南晴夏さん)、次女の里香(佐久間由衣さん)、三女の美香(武田玲奈さん)が伊藤家だ(C)東海テレビ/日本映画放送
山口雅俊(やまぐち・まさとし)フジテレビのプロデューサーとして企画・プロデュースした代表的な作品は以下の通り(内は主演俳優)。「ナニワ金融道」シリーズ(中居正広)、「ギフト」(木村拓哉)、「きらきらひかる」シリーズ(深津絵里・松雪泰子・小林聡美・鈴木京香)、「カバチタレ!」(常盤貴子・深津絵里)、「ロング・ラブレター~漂流教室~」(常盤貴子・窪塚洋介)、「ランチの女王」、「不機嫌なジーン」(ともに竹内結子)など。フジテレビを独立後の企画・プロデュース、脚本、監督などは以下の通り。映画「カイジ」シリーズ(藤原竜也)を立ち上げた後、ドラマ・映画「闇金ウシジマくん」シリーズ(山田孝之)、ドラマ「新しい王様」シリーズ(藤原竜也・香川照之)。
-AD-

藤原竜也さんの紹介で吉田鋼太郎さんに会う

まずは主役の吉田鋼太郎さんだが、その縁は以前手掛けたドラマ『新しい王様』(2019)に遡る。

「『新しい王様』の打ち上げということで藤原竜也さんと二人で飲みに行ったときに、まだ面識がなかった吉田鋼太郎さんが合流してきて紹介されました。ちなみに藤原竜也さんは飲む量がなかなかで、一緒に飲んでいるとどんどん人が増えていく。彼と互角に飲めるというのは、僕にとって『現役の仕事人でいる』を図るすごく大事な目安なんです(笑)。

その彼と『新しい王様』を今後どうするかといったことを話しているうちに、酔った藤原くんが吉田鋼太郎さんを呼んだわけです。そこからやりとりが始まったんです。そして今回の『おいハンサム!!』に出てくれることになったので、吉田鋼太郎さんがやってくれるならと『親父』を主人公にすることに決まりました。逆に言えば伊藤理佐さんの作品をドラマにすることしか決まっていなかったんです。吉田さんがお父さん役をやってくれることになって、企画としての安定感も増した。『おいハンサム!!』クランクインのインタビューで、“僕の代表作になるかもしれない”と言ってくださったので、僕としても、とても励みになりました」

撮影での山口監督と吉田鋼太郎さん(c)東海テレビ/日本映画放送
ドラマ初日にむけて藤原竜也さんからその飲みの席について言及したコメントも

かつて「ユリイカ」のインタビューで、山口監督は『闇金ウシジマくん』では山田孝之をキャスティングできたことで成功が見えたと言っていた。今回は吉田鋼太郎がその役割を担ってくれた。その後伊藤家のキャストで一番早く決まったのは、実は妻であり母親、千鶴役のMEGUMIさんだった。

「MEGUMIさんが奥さん役というのは、かなり早い段階から決まっていました。彼女とは以前、『やれたかも委員会』というドラマを一緒にやり、さらに『新しい王様』でも香川(照之)さんのナンバー2という、難しい役をやってくれた。当時、MEGUMIさんにナンバー2の役をお願いすると香川さんに言ったら、ものすごく喜んでくれたんです。あの飄々とした人が近くにいてくれたら、すごくやりやすいと。

今回の『おいハンサム!!』では、時代は令和ですが、吉田さん演じるお父さんは昭和的な価値観を持った男なので、その奥さんは飄々としていて暑苦しくないほうがいい。MEGUMIさんは三姉妹のお母さんにしては年齢が若いのですが、イメージとしてぴったりなんです。なので、かなり早い段階でお願いしていました」

MEGUMIさんがお母さんをすることで周囲が安心する――伊藤千鶴役は早くに決まっていた(c)東海テレビ/日本映画放送