2022.02.27
# ライフ

年間500食以上! 冷凍食品のプロもオススメする絶品「冷凍炒飯」トップ5

競争が激しい「キング・オブ・冷食」
タケムラ ダイ プロフィール

マルハニチロ「WILDish ねぎ塩豚カルビ炒飯」

「チンしてあけたらすぐウマイ!」というキャッチコピーで人気のWILDishシリーズには8種(麺1種含む)のラインナップが存在します。

その中でも私が個人的に最も美味しいと感じたのがこちらの商品です(実勢価格:税込250円前後)。

マルハニチロ公式サイトより
 

まず、WILDishシリーズの共通かつ、最大の特徴はパッケージにあります。

袋のまま電子レンジでの加熱調理が出来るのですが、加熱後に皿に出す必要がありません。これはパッケージが自立する「スタンディングパッケージ」が採用されているためで、袋が皿代わりになるという寸法です。

箸やスプーンなどはもちろん必要ではありますが、割り箸やプラスチック製の使い捨てスプーンを使用すれば洗い物ゼロで済むという、非常に嬉しい仕様。

キャッチコピーにある「あけたらすぐウマイ!」という意味も理解して頂けたかと思います。

味の面でも非常に優秀で、豚カルビ肉やねぎはもちろん、キャベツや玉ねぎ、なども入っており具材もふんだん。粗挽きの黒胡椒でパンチも効いており、あらゆる面で満足感の高い商品と言えるでしょう。

首位の座こそ「本格炒め炒飯」に譲ってはいますが、マルハニチロは米飯カテゴリの商品ライナップが非常に豊富で、常時20種類近くを販売しており、そういった部分からもメーカーの本気さが垣間見えてきます。

皆さんもお好みに合わせて色々な「WILDish」を食べてみて下さいね。

SPONSORED