2022.02.23

【ミスタードーナツ】“生地の違いでこんなに変わる!”ドーナツの「低カロリー&高カロリー」商品トップ5

見た目の印象と意外に違う実際のカロリー

ミスタードーナツ(以下:ミスド)には、ドーナツのレギュラーメニューが20種類ほどあります*1。ズラリと並ぶおいしそうなドーナツを目の前にして、「どれにしようかな〜」と迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

特にカロリーを気にする人はなおさらでは? お店ではショーケースにカロリー表記がしてありますが、見た目の印象と実際のカロリーが違っていることもしばしばです。

「オールドファッションはシンプルだから低カロリーなのでは?」と思ったら、意外に高カロリーだったり、「エンゼルクリームはホイップクリーム入りだからカロリー高そう」と思ったらそれほどでもなかったり……。

そこで、ミスドのレギュラーメニューの中から、低カロリー&高カロリーのトップ5と、なぜそのカロリーになるのかを簡単に分析したいと思います。原理を知ることで、より選びやすくなるハズです。

 

「低カロリードーナツ」トップ5

まずは、低カロリーランキングの5位と4位から。

5位「ハニーディップ(202kcal)」
ふんわりドーナツにはちみつのグレーズ(砂糖蜜)がかかっています。

まずは「低カロリードーナツ」から! 5位「ハニーディップ(202kcal)」/筆者撮影

4位「エンゼルクリーム(201kcal)」
ホイップクリームとやわらかい生地の相性がバツグンです。

4位「エンゼルクリーム(201kcal)」/筆者撮影

クリームが入った「エンゼルクリーム」は意外にも低カロリーランキングの4位。実はカロリーを大きく左右するのは、クリームなどのプラスαの要素ではなく、ベースとなる生地なのです。

一般的に、ドーナツには大きく分けて3種類の生地があります。

・イースト生地
一般的なパンと同じで、粉などの材料を捏ねて、イースト菌で発酵させた生地=「ハニーディップ」など

・ケーキ生地
パウンドケーキやマフィンの生地と同様、粉などの材料を混ぜ、ベーキングパウダーで膨らませた生地=「オールドファッション」など

・シュー生地
粉などの材料に卵を加えて、シュークリームの皮(シュー)を作るのと同様の要領で作られた生地=「フレンチクルーラー」など

では、それを踏まえて、気になるトップ3をチェックしましょう。

関連記事