2022.02.24
# 飲食

コロナ禍でも大人気の「カレー」トレンド最前線…「ミールス」の台頭に「本格レトルト」ブームの兆しも

2022年を迎え、2月に入ってもオミクロン株が猛威をふるい、全国で感染者数は高止まりの状態だ。飲食店の営業時間も制限がかかり、感染への懸念から再び外食から距離を置いている方も多いと思う。

そのような状況下だが、グルメコミュニティアプリ「SARAH」では、「カレー」についての投稿数が安定した推移を見せている。

外食時だけでなく、自宅で本格カレーを味わうニーズがコロナ禍から増加しており、ハウス食品の「選ばれし人気店」シリーズは、2020年ではコロナ禍前の2019年よりも3割も売上が増加しているという。

また、エスビー食品からも本格カレーを自宅で簡単に作れる「S&B CRAFT STYLE」シリーズから「グリーンカレー」が2022年2月に発売された。自宅でお店の味を手軽に味わいたいという思いに、ついお財布の紐が緩みがちになってしまう。食品メーカーや飲食店の商品開発によって、カレーの魅力や関心は年々深まっていくばかりだ。

今回は、このカレーに関連したトレンドや、自宅で楽しめる本格レトルトカレーの最新事情についてお話ししたい。

カレーのトレンドを深堀り!注目キーワードは〇〇?

外食ビッグデータ分析サービス「FoodDataBank」の新機能である「トレンド評価マップ」からSARAHの投稿データから見るカレーのトレンドを深掘っていきたい。

2021年12月度のトレンド評価マップ
拡大画像表示

2021年12月度のトレンド評価マップを見ると、あまり聞き慣れないキーワードを2つ見つけることができる。「サンバル」と「パパド」だ。

 

「サンバル」はインドネシア料理やマレー料理に用いられる辛味調味料で、サンバルソースともいう、チリソースの一種だ。豆や野菜がたっぷりと入ったカレーのようなメニューで、南インドでよく食べられている一品だ。FoodDataBankで画像を見ると南インドのおかずが多い定食「ミールス」のような形式で食べられていることが多いのがお分かり頂けるだろうか。

「サンバル」
拡大画像表示
SPONSORED