2022.02.23
# エンタメ

『カムカムエヴリバディ』ひなた役が、女優・川栄李奈にとって「唯一無二」な理由

2つの「満を持した」感が尊すぎる
堺屋 大地 プロフィール

『ごめんね青春!』のヤンキー口調女子高生役や、『デスノート Light up the NEW world』の不敵な笑みを浮かべるサイコキラー役など、本来の彼女の人柄とは真逆のギャップのある役でステップアップしてきた女優・川栄李奈。

そんな彼女が、満を持して本人のパーソナルイメージに近い王道ヒロインで、朝ドラ主演に抜擢されたというわけです。

 

ちなみに筆者は『ガンダム』好きなんですが、『カムカムエヴリバディ』は2011年から放送されていたアニメ『機動戦士ガンダムAGE』(TBS系)と、構成・コンセプトが瓜二つ。『カムカムエヴリバディ』は祖母・娘・孫の三世代・100年の物語ですが、『機動戦士ガンダムAGE』は祖父・息子・孫と主人公が移り変わっていく三世代・100年の物語だったんです。

けれど『機動戦士ガンダムAGE』は人気・売上がかんばしくなく、『ガンダム』シリーズのなかでは“日陰”的ポジション。

そのため非常によく似た構成・コンセプトを掲げていた今回の朝ドラは、大コケしてしまうのではないか……と懸念していたのですが、『カムカムエヴリバディ』の“日向”的な人気や好調な視聴率を見れば、大きなお世話で杞憂だったことは明白でしょう。

――いろいろな意味で満を持して登場した川栄さん演じる3代目ヒロイン・ひなた。上白石さん演じる安子、深津さん演じるるいからバトンを受け継いだひなたの物語が、どのようなフィナーレを迎えるか、期待は膨らむばかりです。

SPONSORED