2022.02.22

「まさかあの人が…」周囲に“ノーマスク”を勧め始めたママ友、彼女との距離感に悩む39歳女性

小学3年生のお子さんをもつ大崎弥生さん(39歳・仮名〔以下同〕・会社員)は、子どもが同じ小学校に通っているママ友の直美さん(38歳・自営業)と長く良好な関係を築いてきました。

しかし【前編】「ママ友が“反ワクチン”を強烈に主張し始めた…距離を測りかねる39歳女性の「苦悩」」で述べた通り、2021年の夏、新型コロナウイルスの第5波が訪れた時期に直美さんが「ワクチンは打たないで!」と強く主張するようになります。弥生さんは驚き、困惑しましたが、その後、直美さんの態度はエスカレートしていくことになります。

 

「覚醒」? 現実ばなれした言葉で“布教活動”

数日後。

弥生さんのもとに、直美さんからLINEが届きました。

「時間があるときに見てね」と、You TubeのURLがはられていたそうです。

「きっとコロナに関係することなのだろうな…と思いつつ、URLをクリックしました」と言う弥生さん。目に入ってきたのは、意外な映像でした。

〔PHOTO〕iStock

「どこかのドクターや研究者の方が、ワクチンのことなどについてくわしく解説しているような動画を見せられるのかなと想像していたのですが、全く違っていました。

動画に登場していたのは、ドクターや研究者といったイメージからおよそかけ離れた、ちょっと風変わりな容貌の人物。30分くらいのメッセージ動画だったのですが、『覚醒』といったような、現実ばなれしたキーワードが飛び交う奇妙な世界で、『え? なにこれ?』と思ったのが、正直な感想です。

どうやら弥生さんは、コロナについて調べているうちに、この方を含む何人かのYouTube動画を観て感化されたようで…。この方々が発信する『ワクチンは毒』などのメッセージすべてを信じるようになったんです」

関連記事