誰もが抱える主婦あるあるのオンパレード

「女はいつまで女ですか?――」この問いに、あなたならどう答えますか? この問いについて考え、世の中の女性の悩みを調べ、そのエピソードを描いたマンガが上野りゅうじんさんの作品『女はいつまで女ですか? 莉子の結論』(KADOKAWA)だ。

主人公・莉子は39歳で夫と息子がいるフツーの主婦。39歳の誕生日、夫は「今度課長になる」という。「私は…? 私は何になるんだろう。39になった私から子育てを取ったら 何が 残るんだろうか」と考える莉子。

『女はいつまで女ですか』第1話より。上野りゅうじん/KADOKAWA
-AD-

そしてフツーの日常を過ごしながらも”女を捨てたくない”という思いが膨らみ、じわじわと迷走していく。莉子が抱える葛藤は、女性が歳を重ねるうえで一度は感じるであろう不安でもあり、SNSを中心に多くの女性の共感を呼んだ。

本作のなかで常に軸となって問いかけられているのは、”女としての幸せ・魅力・人生“についてだ。作者の上野りゅうじんさん(以下:上野さん)は、ストーリーを描き進めながら、常にこの問いについて、考えていたという。作品が完結した今も、ご自身の中での答えは「模索中」とのことだが、多くの主婦たちの声を集めた中で、上野さんが感じたこととは―