コロナ禍で運動不足な人に伝えたい… 現役医師が「運動が大切」と言い切る“科学的な理由”

自分を変えられるのは自分だけ

長引くコロナ、運動する人が減っている?

健康ブームの一方で、コロナ禍になり運動をする機会が減ってしまった人も多いと思います。最近ではオミクロン株が猛威をふるい、多くの感染者がでていることで部活動やスポーツ活動の機会が減ってしまっている人も多いのではないでしょうか。感染予防対策として、ジムなど人が集まる場所には行かない、在宅勤務となって外を歩かなくなった、など皆さん思い当たることがあると思います。

photo by iStock
 

5000人を対象としたある調査では、全体として運動やスポーツを行った人の割合が約4%減少したと報告されました。(「新型コロナウイルスによる運動・スポーツへの影響に関する全国調査」 2021年2月調査 笹川スポーツ財団)

その他にも1日あたりの歩数が減少した、テレワークや座っている時間が長くなったことにより肩こりや腰痛などの不調の訴えが増加したなどの意見も聞かれます。スポーツ庁からも「新しい生活様式におけるスポーツの在り方 コロナ禍の健康二次被害」として図1のような資料がでています。

図1 コロナ禍の健康二次被害について(スポーツ庁のホームページより)
拡大画像表示

運動やスポーツと言うと、そのために時間をとって走らないといけない、ジムに行かないといけない、と思っている人も多くいますが、学術的には考え方が変わってきています。

実際に国が出している指針においても「運動」という言葉から「身体活動」という言葉に変化しています。これは家事で身体を動かしたり、通勤の時に歩いたり階段を上ったりするときも身体を動かしているため、ずっと座ったり寝たりしているのとは違うからです。

このように多くの人は意識せずに身体を動かしていましたが、コロナ禍で外出を控え、テレワークになったことによって身体活動の機会そのものが減少したことは大きな問題だと思います。今こそ意識的に身体を動かしたり、運動したりすることがとても大切です。

関連記事