2022.02.20

マンション「修繕積立金」が何倍にも値上がり…“想定外”を防ぐために「必要な知識」とは

管理費と修繕積立金を値上げするマンションも

分譲マンションを購入すると毎月住宅ローンのほかに管理費や修繕積立金、自動車を持っていれば駐車場使用料も支払わなければなりません。

最近では、管理費や修繕積立金が不足して、こうした費用を値上げするマンションが増えており、弊所にご相談が多く寄せられています。その原因は、人件費が高騰し、管理会社に支払う管理委託費や工事代金が上昇傾向にあるからです。

photo by iStock
 

新築マンションは、売りやすく、そして買いやすくするため月額の修繕積立金の設定が適正な金額よりかなり低く設定されるケースもあります。実際、1平方メートルあたり100円を切るような設定になっている場合も少なくありません。

新築販売時の修繕積立金の算出の根拠になる長期修繕計画書という書類がありますが、この計画書で30年間黒字になっていることを確認して新築マンションを購入したのに、3年とか、5年しか経っていないのに修繕積立金を何倍にも値上げすることが総会に上程され、「そんな話、聞いていない!」と国土交通省や行政機関に相談や苦情が寄せられることが多いです。

新築マンション購入時には一世帯当たり30万~50万円の「修繕積立基金」という一時金を一括で支払いますので、最初は修繕積立金のキャッシュフローは潤沢に見えるのですが、マンションは30年を過ぎると、エレベーターの更新、機械式駐車場の更新工事、給・排水管の更新工事等の補修工事が目白押しになり、支出が増えます。

購入後、そのことに気付いた組合員から総会で修繕計画について質問が出ると、管理会社などが早いうちに修繕積立金の値上げの提案を行うこともあるのです。

関連記事