2022.02.18

マンション隣人の止まらない「嫌がらせ」に、34歳男性がとった“驚き”の行動の「全貌」

引っ越しには様々な原因があるが、必ずしも前向きな理由ばかりではない。中には「騒音問題」や「人間関係」、「悪臭問題」などの理由で引っ越しを余儀なくされるという方々もいるのが実情だ。

前編で紹介した通り、駅近・割安の賃貸マンションに引っ越した、34歳の男性、和田さん(仮名)は、外廊下の窓の開け閉めで、隣室の50代の女性とトラブルになってしまった。そのもめ事の相談のため、近隣トラブルの解決などを行う弊社を訪れたのだった。

女性は、春は「花粉症」、夏は「夕立」や「虫」、果ては向かいのビルから「覗かれる」という理由で、窓を開けることが禁止だと言うのだが、そんな契約条項はない。理不尽にまくし立てる女性に腹を立てた和田さんは、徹底的に反発しようと決意するのだが…。

photo by iStock
 

突如始まった「嫌がらせ」

もはや隣人の50代女性の注意に、いちいち反応していては快適な生活など望めないと判断した和田さんは、暑い時や空気が澱んでいる時は、積極的に外廊下の窓をすべて全開するようになった。

その行為に、当初こそ激しくクレームをつけていた50代女性だったが、これを完全無視。すると、あの激しいチャイムはなりを潜め、和田さんも諦めてくれたと一安心していた。ところが…。

和田さんが残業をこなして、その日帰宅したのは午前0時頃。疲れ切っていたためか、すでに激しい睡魔に襲われ、ぼんやりとした意識の中でドアを開けた。すると、玄関の土間の何かに足をとられ、勢いよく倒れてしまったのである。

関連記事