金融業界で改姓することへの意外なリスク

米系の投資会社などでキャリアを重ねてきた福田靖子さんは、旧姓の通称使用は「働く女性、特に金融業界で女性たちがプロフェッショナル職として働くことを想定していない」と指摘する。未上場株、上場株への投資は戸籍名でしかできないからだ。実際、福田さんは4年ほど前に転職を考えた時には、転職先から「投資先の取締役に就任することもあるため、戸籍名で働いてほしい」と言われたという。

「そうなると前職までの実績やキャリアとの分断が起きます。私は自分の『福田』という名前で調査レポートなども書いてきましたが、対外的にそれらの履歴、職歴が認識されなければ、自身の積み上げてきたキャリアは無いのと同じです

積み上げたキャリアが無になりかねない…Photo by iStock
-AD-

結果、転職を諦めざるを得なかったという。

諦めたのは仕事だけではなかった。名前を変えずに働き続けるために福田さんは事実婚を望んでいたが、交際相手は法律婚にこだわったため、その相手との結婚は諦めたという。

「日本は女性活躍と言いながら、法制度としては働く女性を本当に応援しているとは思えないのです。さらに、国際金融都市を標榜しながら、最低限そこで働きやすい環境すら整えていないと思います」