競技への信頼の喪失にもなりかねない

フィギュア女子シングルが終わった。ドーピング疑惑が解決せぬまま、ショート1位通過でフリーを迎えたカミラ・ワリエワ選手。結局、本来の完璧と言われるジャンプが思うように発揮できず、4位に終わった。そして、日本の坂本花織選手が銅メダルに輝いた。

しかし、ワリエワ選手の演技は切なくあまりに悲しすぎた。何のために彼女は演技をしなくてはならかったのか……。

-AD-

「ドーピング疑惑の解明はもちろん重要なことで、はっきりさせなければならない部分です。ですが、今回の疑惑問題で今後議論していかねばならないのは、まだ心も体も成長途中にある選手に無理な生活規制やプレッシャーを与え、とにかく勝てばいい、の指導になっていないかということです。ワリエワ選手をはじめ、近年のロシアのフィギュア女子の成績をみるとフィギュアファンとしてよりも小児精神科医としてこの問題について厳しく発言せずにはいられません」

というのは、米国小児精神科医でハーバード大学医学部アシスタントプロフェッサー、マサチューセッツ総合病院小児うつ病センター長の内田舞医師だ。内田医師自身、高校時代までフィギュアスケートをやっていて、鍵山選手の元振付師である佐藤操氏に指導を受けていた経験も持っている。また、小児精神科医としては、10代、20代の若いアスリートのメンタルヘルスに以前から関心を寄せていて、鬱状態を経験したことがある元全米チャンピオンである長洲未来さんとともに競技とメンタルの問題について対談を行ったりもしている。

「今回の問題は、単なるドーピングスキャンダルでは留まらない、根深い問題を抱えています。そして、そこには闇が多い歪んだ指導が見え隠れすることです。そこで被害にあうのは選手であり、選手たちの未来であり、競技への信頼の喪失につながります」(内田医師)

今回のドーピング疑惑の背景にある、まだ子どもへの精神的、肉体的な負担と問題について、内田医師が寄稿した記事を前後編でお伝えする。前編では、ワリエワ選手の問題にも関与している可能性が示唆される、エテリ・トゥトベリーゼコーチを中心としたロシアスケートの問題についてまとめた。

こんなに切なく悲しいフィギュアの演技があっただろか。ワリエワ選手へのきちんとしたフォローアップが望まれる。photo/Getty Images

以下より、内田舞医師の寄稿です。