死刑に立ち会った刑務官が明かす…朝の「死刑囚房」を襲った大パニックの真相

マンガ無料公開中

確定死刑囚3人の刑が昨年12月21日午前に執行された。死刑執行は2019年12月以来とおよそ2年ぶりで、岸田政権の発足後は初めてとなる。今回の執行を受け、確定死刑囚は108人となった。

日本では死刑判決はどう行われ、死刑囚はどんな生活をして、死刑はどう執行されるのか。前編に引き続き、漫画家・一之瀬はちさんが実際に死刑に立ち会った刑務官に取材した『刑務官が明かす死刑の話』を取り上げる。

「刑務官が明かす死刑の話」(竹書房)重版出来の話題作となっている
 

死刑執行の言い渡しは「朝」

死刑は当日の朝9時までに言い渡され、即日執行となる。死刑の宣告は3~4人の刑務官が連れだって、居室に赴いて行われるのが決まりだという。

「なので刑務所内の暗黙のルールとして、『死刑がある日以外は朝9時まで居室の廊下を歩かない』ということになっているんです。ところが、ある拘置所では新人刑務官がそのルールを知らず、しかも同僚と一緒に朝一番に死刑囚房を巡回してしまった。

「刑務官が明かす死刑の話」より

その上、死刑囚に『調子はどうだ?』など無意味に声をかけたため、死刑囚は自分が死刑になると勘違いし、大パニックに。ついには失神してしまったと聞いています。このように、朝の死刑囚房は非常に緊迫した状況にあります」(取材したM刑務官)

関連記事