2022.02.21
# ライフ

死別、認知症の恐怖…子なし70代夫婦が頭を抱えた「死後」の手続きの大問題

Sさん(70代・男性)は、30代で結婚、勤めていた会社も65歳で定年となり、家のローンも返し終わったいま、夫婦ともに悠々自適の生活となりました。定期預金は1億円を超えました。それにローンを払い終わった自宅もあり、老後は困らないというと思いきや、夫婦には不安がありました。

前編でお話したとおり、Sさん夫婦の間には子どもがいませんでした。そのため二人はきょうだいに頼ったり、財産を渡すことは考えられず、互いに配偶者に全部、渡したいと考え遺言書を作成したのです。

 

残ったどちらかが亡くなった後が不安

それから数年経ち、少し相続が身近な年代になったとSさんが相談に来られました。
財産をきょうだいに分ける予定はないので、最期まできょうだいや甥姪に頼りたくないのです。ひとりになった老後は、老人ホームに入るつもりで、財産の残りは日赤に寄付したいと考えは固まっています。

けれども、不安になってきたのは、このさき、どちらが先に亡くなるかわかりません。残ったどちらかが認知症になるかもしれない、また、残った方が亡くなったときにどうすればいいのか? ということなのです。

こうした不安を解消するため、信託銀行にも行ってみましたが、やたらと費用が高いことがわかりました。信託銀行と同じようなサービスがあればこちらでお願いしたいということでした。

関連記事