2022.02.21
# 不動産

東京から淡路島に「移住」したら、家事や仕事の不満が消え、人生が好転し始めた

ミモレ編集部 プロフィール

当時は毎日探検しているような気分だった

淡路市、洲本市、南あわじ市の3市から成る淡路島。東京23区ほどの大きさがありますが、人口は100分の1ほど。

願い叶って住み始めた淡路島。奥田さんは島に対してどのような印象を抱いたのでしょうか。

「正直何もないところだなと思いました。でも何もないからこそいろいろあるんだということがわかるようになってから、面白くなったんですよね。島にはいろいろな方が混在していて、豊かな自然に触れたいという人もたくさんいますし、地方創生の形が都市化することだと思っている方もいます。小さなエリアですし、いろいろな意味で面白い場所だなと」

教育水準も高い淡路島。写真は自然の中で英語が学べるインターナショナルな森のようちえん「Awaji Kids Garden」主催のイベントで。

パソナの社員が増えた今では社員用の循環バスや飲食店なども整いましたが、奥田さんが住み始めた頃は社員もまだ少なく、良くも悪くも何もない状態だったと言います。

 

「土地のことが分からなかったので、当時は毎日探検しているような気分でした。自分で作ったつながりの中で、地元の人たちとコミュニケーションを取りながら何かを作っていくという流れがあったんですよね。今は自宅と仕事場がバスでつながったので便利ですが、何もない時に来ている立場からすると、それ以外のものを見つける機会がなくて残念なんじゃないかなと思います」

東京にいた頃と変わったのは住環境だけはありません。スーツ姿で大手町を闊歩し、営業として忙しくしていた奥田さんは、毎朝起きたら畑に向かい、3ヘクタールの耕作放棄地を耕す日々を送るようになりました。

奥田さんたちが耕した耕作放棄地。草刈り、伐採、倒木の処理から始め、土壌改良も進めながら約1年かけて今の状態まで作り上げました。

「移住して約2ヶ月、車を走らせて北淡路の土地を探し回り、やっとの思いで出会えた場所でタネノチカラの活動は始まりました。私たちは、無農薬・無化学肥料による野菜の自然栽培、土嚢を積み上げて家を建てるアースバッグハウス作りなどを行う“Seedbed”という共創循環型ファームビレッジを始めたんです。ゆくゆくは一般の方に滞在型プログラムを提供することを念頭に、アースバッグハウスはその方たちの休憩用施設として作り始めました。そうは言っても、メンバーは農業なんてやったことがない素人ばかり。専門書を片手に土いじりをして、手探りで野菜を作っていきました。でも徐々にコツを掴み、農薬や肥料を使わなくても美味しい野菜を作れるようになったんです」

奥田さんたちが土嚢を積み上げて建てたアースバッグハウス。

そうして変わり始めたように見える奥田さんの暮らしですが、当時を振り返ると「最初の1年は淡路で“暮らす”ということをしていなかった」と言います。

「移住した頃は、今のような暮らしを志している最中だったので、都市部の暮らしをいいと思ってはいけないんじゃないかという感覚がありました。東京に主人がいたので月に1回行っていましたが、当時はまだ“東京に帰ってきた”という感覚でいて。でもそこで東京という都市を楽しんでしまったら、自分の行動に矛盾があるんじゃないかと潜在的に感じていたんですよね。淡路の暮らしに馴染まなきゃという期間があって、その無理している感覚が、東京に行った時の“帰ってきた〜!”という感覚につながっていたんだと思います。自然を大切にすることが暮らしを豊かにするためには必要だということを心から思えるようになってからは、本当の意味で暮らしが変わりました」


井手 朋子
編集者/ライター。音楽大学を卒業後、音楽制作会社を経て音楽出版社へ。音楽雑誌の編集者として、アーティストのインタビュー等を手がける。フリーに転向後は、音楽系のみならず、ビジネス系媒体などでも記事を執筆。2017年より湘南在住。日本酒とワインをこよなく愛し、これまでに湘南エリアで訪れた飲食店は300軒近く。instagram:@tomtomtom117

撮影/奥田悠美
取材・文・構成/井手朋子


関連記事
会社員が自宅近くに小さな仕事部屋を借りたら、仕事も夫婦関係もイイことだらけだった話>>

「娘には自分の人生を自分で切り拓いていく生命力を身につけて欲しい」そう思って選んだ軽井沢生活>>

編集者の夫が放ったひと言がきっかけで“鎌倉+箱根”の二拠点生活に>>

東京、京都、軽井沢...フードディレクターが多拠点生活から学んだこと>>

「決してスローライフを送りたいわけではない」“鎌倉+箱根”の二拠点生活がくれた刺激と挑戦>>

関連記事