2)「できない」ことを体型のせいにしない

何かをしない理由やできない理由を体型のせいにした発言をする女性は意外と多いものです。たとえば、「体型が気になって子どもと一緒にプールに入りたくない」とか「家族で写真を撮る場面でも写真に写りたくない」という話は、体型に悩む女性のダイエットサポートの際に、本当によく聞いてきました。

けれど、家庭でその姿を見るお子さんにとっては「太ったらできないことがたくさんあるんだ」という情報としてインプットされてしまう可能性があります。もちろん今すぐ健康被害が起きそうなほどの極端な肥満であれば、当然制限されることが増えますので気をつけなければなりません。けれど実際に本当に体型が理由で諦めなくてはいけないことは、けっして多くはありません。

-AD-

これからどんなことにでも挑戦できる可能性のかたまりである子どもに、「体型によって自分の可能性が狭まってしまうことがある」というイメージを植えつけてしまうのは、残念なことです。

もう一つ忘れてはいけないのは、子どもは、親が自分を一番に優先してくれることを無意識に求めるものだということです。「私と楽しむことや思い出を作ることよりも、自分の体型のほうが大事なことなんだ」と寂しく感じさせてしまうのはかわいそうではないでしょうか。体型に悩む時間以上に、お子さんがママと一緒にと望んでいる時間を楽しく過ごすことを優先してほしいと思います。そのうえで、体型を整えることもやはり大事だと思えば、健康的な方法で取り組んでいきたいものです。

七瀬さん自身、プロのダンサーになることを夢見て、憧れの芸能事務所に合格して上京。ところがオーディションを受けても落ちてばかりで不安な日々を送り、一気に15kgも体重増だったという 写真提供/七瀬葉