2022.02.20
# 企業・経営

ASMLーゴミ捨て場に生まれた企業が世界の半導体製造を制覇した

技術力がニコン・キヤノンの躓きの石
野口 悠紀雄 プロフィール

日本メーカーの自社主義がASMLの分業主義に負けた

ASMLとニコン、キヤノンの違いは何だったのか? それは、中核部品を外注するか、内製するかだ。

ASMLは中核部品を外注した。投影レンズと照明系はカールツァイスに、制御ステージはフィリップスに外注した。自社で担当しているのは、ソフトウェアだけだ。

製造機械なのに、なぜソフトウエアが必要なのか? 半導体露光装置は「史上最も精密な装置」と呼ばれるほど複雑な機械であり、安定したレンズ収差と高精度なレンズ制御が重要だ。装置として完成させるには、高度にシステム化されたソフトウエアが不可欠なのだ。

自動車の組み立てのように人間が手作業で作るのではなく、ロボットが作業するようなものだから、そのロボットを動かすためのソフトウェアが必要なのだと考えれば良いだろう。

それに対して、ニコンは、レンズはもちろんのこと、制御ステージ、ボディー、さらに、ソフトウェアまで自社で生産した。外部から調達したのは、光源だけだ。

このように、ほとんどを自前で作ったため、過去の仕組みにこだわるという問題が生じたと言われる。

 

また、レンズをどう活用して全体の性能を上げるかというよりは、どうやってレンズの性能を引き出すかが優先されるというような問題が発生したといわれる。

結局、日本型縦割り組織を反映して全てを自社で内製化しようとする考えが、負けたということだ。

関連記事