2022.02.20
# ライフ

意外と知らない…プロが明かす「冷蔵庫」の選び方&オススメ商品9選

メーカー別の特徴も大公開!
たろっさ プロフィール

■三菱

大手総合電機メーカーの三菱。こちらも昔から冷蔵庫を製造しており、根強い人気をほこります。容量500L超の冷蔵庫でも幅が650mm、600L超で685mmというサイズが大きな特徴で、他のメーカーに比べてコンパクトという点が挙げられます。

また、-7℃で食材を凍らせる「切れちゃう瞬冷凍A.I.」機能が好評で、包丁が楽に入れられる温度で冷凍することにより、料理がスムーズかつ時短になるというのが魅力。時間を有効に使いたい人にぴったりの冷蔵庫といえます。

Photo by iStock
 

■東芝

真ん中野菜室「VEGETA」でおなじみ、東芝です。400L以上の冷蔵庫すべてが真ん中野菜室となっており、野菜室をよく利用する人にとって利便性の高い冷蔵庫となっているのが特徴。また、内部の温度を管理する冷却器という装置が冷蔵庫と冷凍庫それぞれ独立してついているため、食材を多く詰めても庫内の温度が変わりづらいのがメリットです。急速冷凍も得意なため、冷凍室の機能も高いといえるでしょう。

■シャープ

メガフリーザーという名称が特徴的なシャープの冷蔵庫ですが、名前のとおり3段になっている冷凍室がとても広く、たっぷりと収納できるのが魅力です。シリーズによっては更に野菜室を小さくして冷凍室を大きくしたモデルのものも。

また、プラズマクラスターを搭載しているため庫内の除菌と脱臭効果が期待できるのも特徴の一つです。IoTに力を入れていたり、左右どちらからも冷蔵室を開けられる「どっちもドア」が採用されていたりと、一風変わった冷蔵庫という点が挙げられます。

SPONSORED