2022.02.20
# ライフ

意外と知らない…プロが明かす「冷蔵庫」の選び方&オススメ商品9選

メーカー別の特徴も大公開!
たろっさ プロフィール

■真ん中の段は野菜室? 冷凍室? 使用頻度に合わせて選ぶ

製氷室やパーシャル室も冷凍室とカウントした場合、400L以上の冷蔵庫はほとんどのものが冷蔵室、野菜室、冷凍室の3ブースに分かれています。このうち野菜室と冷凍室のどちらが真ん中の段にあるかは機種によって異なり、東芝は全機種で野菜室が真ん中、それ以外のメーカーは両パターンとも用意。家庭での使用方法や頻度に合わせて選ぶとよいでしょう。

例えばサラダや炒めものなどで野菜の使用頻度が多い場合は野菜室が真ん中、冷凍食品や小分けにして冷凍にしておくものが多いのであれば冷凍室が真ん中のほうが使いやすくなります。また中には、冷凍室が複数に分かれているシャープのように少し変わった配置の冷蔵庫や、AQUA、ハイアールのような全開きのアメリカンスタイルのものなど特殊なものもあります。

Photo by iStock
 

■適正な容量を見極める方程式

冷蔵庫の適正容量の目安は「70L×家族の人数+常備品分(100L)+予備(70L)」という計算式で表されます。2人であれば310L、4人であれば450Lとなります。

しかしながらこれはあくまでも目安の一つであり、まとめ買いが多くなってきている昨今、もう少し大きめの冷蔵庫を用意して小分けで保存するという使い方が主流になりつつあります。また、育ち盛りの子どもがいる場合は多めの量を確保しておいても無駄になることは少ないでしょう。50L~100L程度は大きめのものを選んでもよい場合が多いです。

冷蔵庫の寿命は10年前後が現実です。子どもが育ち盛りのうちは大きな冷蔵庫を用意し、自活したり独立したりする頃の買い替え時期に一回り小さいものにするといった選び方も有効といえるでしょう。

SPONSORED