加熱する中学校受験ブームの裏で、実は小学校受験も同じく加熱しつつある。中学受験、大学受験の必要がない一貫校に入れて、子どもをのびのび育てたいという親が増えているそうだ。とはいえ、小学校受験をする家庭はまだまだ一部に過ぎない。「幼児期から勉強をさせる必要はない」と考える親も多いが、小学校受験は「子育て」の側面でも役に立つことがたくさんあるという。

2022年度の小学校入試で、いわゆる難関校といわれる早慶合格者を120名以上出した、今注目を浴びている『スイング幼児教室』。同代表の矢野先生が語る、幼少期から育むことができる「管理職能力」とは。

小学校受験は就職活動と同じ「多面評価」

「小学校受験」というと、「ごく一部のセレブが行う受験」と思っている人もいるかもしれませんし、「幼児から勉強させてかわいそう」という声もあるかと思います。でも、そうとは一概に言えないのです。

Photo by iStock
-AD-

私たちは生涯にわたって様々な受験を経験します。その中で、小学校受験はとても多面的で子どもの可能性を広げる試験です。

中学校受験、高校受験、大学受験は基本的に学力をはかる試験。そして就職の時には、これまでやってきたこと、自分の個性などを聞かれ、グループディスカッションなどを通じ、また多面的に評価されます。小学校受験は、まさに就職の時と同様の多面評価となります。

日本の教育は、入口の小学校受験、出口の就職試験は多面評価となり、その他の受験は学力試験が中心という流れになっているのです。そんな多面評価の小学校受験から、これからの教育に活かせることを皆さんにお伝えしていきたいと思います。

とはいえ、今回のこの連載で「小学校受験をしましょう」という話をするつもりはありません。私は、小学校受験の教室を運営する中で、子どもをどのように成長させていくか、ずっと考えてきました。

そして、小さな教室ながら2022年度入試では、早慶合格者120人(慶應幼稚舎42人、慶應横浜初等部46人、早稲田実業学校初等部39人)を超えるまでに成長しました。日々子どもたちや子育てをする親と向き合う中で私なりに感じていることや、それに基づきご家庭で実践できることをお伝えしていきます。